小顔マッサージは自分でもできる!簡単なマッサージ方法を紹介

小顔マッサージ

小顔になりたいと憧れる人は多いですよね。元々顔が大きいからと、小顔になることをあきらめている人も多いでしょう。自分でもできる簡単なマッサージで、小顔を目指すことができますよ。この記事では、顔が大きく見える原因や、小顔に近づく簡単なマッサージ方法を紹介します。マッサージする際のコツも説明するので、参考にしてください。

小顔に見えないのはなぜ?

もっと顔が小さかったらいいのにと悩んでいる人は、なぜ顔が大きく見えるのか考えてみましょう。生まれもった骨格以外にも、顔が大きく見える原因はあります。まず、顔の原因として「むくみ」が挙げられます。朝に顔がむくんでいて、メイクをしてもいまいち表情がスッキリしないという人もいるでしょう。ストレスを感じたり、暴飲暴食をしたりという理由で顔や体はむくみやすくなります。

次に、「筋肉のコリ」も挙げられます。表情に乏しい人、お喋りをあまりしない人などは、表情筋が固まりがちです。筋肉が凝り固まっていると、顔がたるんで大顔に見えるばかりか、シワができやすくなるので気を付けましょう。顔のむくみや筋肉のコリはマッサージで解消できる可能性があるので、ぜひ挑戦してみてください。

小顔に近づく簡単マッサージを紹介!

顔のむくみや筋肉のコリをとるには、マッサージが効果的です。むくみには、血流の悪さが影響しているとされています。血流の流れをよくして顔にたまった老廃物を流していきましょう。鎖骨の上下にリンパが集中した部分があるので、指でやさしくもみほぐします。リンパの働きが活性化すると、血流にのって老廃物が排出され、むくみを解消して小顔に近づきやすくなるでしょう。

筋肉のコリも自分でマッサージしてほぐすことができます。頰骨の下、くぼんでいる部分を押し上げてほぐしてみましょう。机に肘をついて、手の平の肉厚な部分を頬にあて、自分の顔の重さで頬骨を押し上げると簡単です。筋肉のコリをほぐすとたるみがとれ、小顔対策に効果的です。

マッサージをするときは、あまり強く肌を圧迫してはいけません。顔は皮膚が薄く、強く押したりこすったりすると、傷がついたりシワになってしまうおそれがあります。力を加減してマッサージしましょう。

まとめ

簡単な小顔マッサージで小顔を手に入れよう!

むくみを解消したり、表情筋のコリをほぐすことで小顔に近づきやすくなります。自分でもできる簡単なマッサージでむくみを消し、筋肉のコリをやわらげましょう。顔の肌は繊細なので、マッサージする際にはやりすぎに注意しましょう。無理なマッサージは肌が傷ついたり、シワができてりまったりするケースがあります。やさしくマッサージして、理想の小顔に近づきましょう。