丸顔さん必見!小顔メイクでコンプレックスを解消させる

小顔メイク

丸顔さんは顔幅が広く輪郭のシャープさが無いので、顔が大きく見えてしまうという問題がつきまといます。

写真を撮るときは一歩下がらなければならない、出来る髪型が限られてしまう、丸顔がコンプレックスで自分に自信が持てないなどの悩みがある方は多いのではないでしょうか。

そんな方の強い味方となってくれるのが、小顔メイクです。小顔メイクをマスターして、悩みやコンプレックスを解消させましょう。

ベースメイクで立体感を演出

丸顔さんが小顔に見せるためのベースメイクにおいて心がけるべきこととしては、パーツの凹凸を際立たせて立体感を演出する、自分の肌よりも少し暗めの色のファンデーションを選んで白浮きしないようにする、ツヤ感を出してのっぺりとした印象にならないようにするなどがあります。

パーツの凹凸を際立たせるための必須アイテムと言えば、ハイライトです。鼻筋や額など、高く見せたい部分にホワイトのハイライトをのせることで、自然な立体感が生まれます。

ファンデーションの色は、暗めが鉄則です。暗めの色を選ぶことで、顔が引き締まって見えるからです。

丸顔さんは顔全体がのっぺりとした印象になりがちなので、パールやオイルなどが配合されている化粧下地を選んで、ツヤ感を出すことも意識しましょう。

チークでシャープな印象に

丸顔さんが頬の中央に真ん丸のチークを入れてしまうと顔も丸さがさらに強調されてしまいますので、チークを入れる際はシャープさを出すことが大事なポイントとなります。

シャープな印象にするためには、頬骨のラインに斜めに入れるのがベストです。こめかみと鼻を結ぶようなラインでチークを馴染ませましょう。

オレンジ系やベージュ系の色を選べば、シャープさがアップします。少し暗めのベージュ系の色を頬骨の外側の部分に入れると、シェーディング効果も期待できるので、さらに小顔に見せることが出来るでしょう。

大きめのブラシを使ってふんわりとのせると、ナチュラルに仕上がります。

アイメイクで目力をアップさせる

少し濃いめのアイメイクで目力をアップさせると、顔の丸さや大きさをカモフラージュすることが出来ます。

まずは、複数のブラウンカラーのアイシャドウを組み合わせてグラデーションをつくり、奥行や立体感がある印象的な目元を演出しましょう。

目の際の部分にはアイライナーを入れて引き締め、マスカラで縦長のラインを際立たせれば完璧です。目頭の部分に切開ラインを入れたり、目尻の部分にキャットラインを入れたりすれば、シャープな印象になれます。

シャープなアイメイクをしてもきつい印象にならないというのが、丸顔さんの特権です。

まとめ

メイクを工夫するだけでなりたい顔になれる

ファンデーションの色やチークの入れ方を変えるだけでも顔の印象が大きく変わり、小顔に見せることが可能です。

ハイライトやシェーディングで濃淡をつけたり、ツヤ感やシャープさを際立たせたりなどの工夫をして、丸顔のコンプレックスを解消することが出来れば、自分の顔に自信が持てるようになり、女子力や美意識も向上するでしょう。